Photo & Camera | ボトル二本とチョコレート
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

広島歩記 Vol.7 大和ミュージアム2

05 15, 2018 | Photo & Camera

0 Comments
スクリュープロペラ
DSC_6399_6417.jpg


右舷後方
DSC_6401_6419.jpg


左舷前方
DSC_6437_6455.jpg


前方、艦橋のアンテナのデザインは秀逸
DSC_6442_6460.jpg


米軍のパイロットもこの角度から大和を見てたんだろうな。
DSC_6447_6465.jpg


防空指揮所
DSC_6449_6467.jpg


後方より、艦橋の周りを囲む機銃の数が凄まじい。
DSC_6453_6471.jpg


本当にずっと見てても全然飽きない。
正直、他の展示物まで見ようと思ったら、一日でも足りないぐらい。

展示物に伊藤整一連合艦隊司令長官の本物軍服があった。
なんかすごい感動した。

いつか行く機会があればまた行きたいと思う。


※続く

広島歩記 Vol.6 大和ミュージアム1

05 15, 2018 | Photo & Camera

0 Comments
呉市、大和ミュージアム
ここは前からぜひ行ってみたかった。
なんつっても、この1/10スケールの模型がすごい!
DSC_6377_6395.jpg


口径46cmの主砲、世界一の戦艦を印象付ける口径46cmの主砲。
これ、一発撃つだけで余りの衝撃にどこかが壊れてあまり撃てなかったそう。
DSC_6380_6398.jpg


戦艦大和、世界最大最強の戦艦
しかし、時代は航空戦力に移っているころでその威力を発揮することはなかった。
皮肉にもそれを世に知らしめたのは他でもない日本のゼロ戦。
そういえば横の外国の人の会話で「ハドーホー?」って聞こえてきた、それ違うから(^^;)
DSC_6383_6401.jpg


艦橋部
DSC_6387_6405.jpg


DSC_6390_6408.jpg


この煙突がまたいいんだよね。
DSC_6392_6410.jpg


特徴的な球状船首、バルバス・バウ、美しいね。
明治維新からそれほど時がたっていないのに、この造船技術。
日本人ってすごいと思う。
DSC_6395_6413.jpg


※続く

広島歩記 Vol.5 平和記念公園

05 09, 2018 | Photo & Camera

0 Comments
原爆の子の像
ちょうど小さい子が祈りを捧げているところだった。
この子たちが原爆の悲惨さをどこまで知ってるのかはわからない。
あまりストレートにそのことを伝えるのではなくて、どうか優しく深く伝えていってほしい。
DSC_6204_6222.jpg



原爆死没者慰霊碑
アメリカ、ヨーロッパからの観光客の多さが意外だった。
ここで何があったのか、どうなったのか、「にんげんをかえせ」というメッセージ。
人間は一瞬で何万という人間の命を奪う力を持っているということの意味。
ちゃんと知って欲しいと思った。
DSC_6214_6232.jpg



原爆を表現する「ヒロシマ」「ナガサキ」という言葉がある。
その文字を見ると胸が締め付けられる思いがする。
DSC_6270_6288.jpg



「安らかに眠ってください」
そのために自分たちができることは何?
そうならないために、国を導く指導者を選ぶことぐらいしかできない。
原爆を落とした側の指導者と落とされた側の指導者がここで握手を交わした。
それが、政治の道具ではなくて本当の意味での握手と信じたい。
DSC_6220_6238.jpg



どこかの国が核を持てば、敵対する国も核を持とうとする。
気づけば地球が何回滅んでも足りないほどの核爆弾がこの地球上に存在する。
きれいごとは言いたくない。
この世に存在する核の抑止力によって成り立っている平和があることもわかっている。
どうかそれが使われることのないように祈るばかり。
DSC_6231_6249.jpg


※続く

広島歩記 Vol.4 原爆ドーム

05 07, 2018 | Photo & Camera

0 Comments
この場所に着いた瞬間、「ドン」って背中を押された気がして夢中でシャッターを切ってた。
こんな感覚は本当にひさしぶり。

DSC_6154_6172.jpg


それは、広島の都会の中に圧倒的な存在感で建っていた。
まるで観るものにそこで何があったのかを強く問いかけるように。
DSC_6166_6184.jpg


数少ない負の世界遺産。
70年前この街で起こった事を後世に伝えるために必要な場所。.
でもそれは自身では支えられないほどの老朽化のため、沢山の補強と無数の補修によって成り立っている。.
でもなんかもう、安らかに眠って欲しいって言ったら広島の人に怒られるかな。
DSC_6172_6190.jpg


原爆投下前と投下後、広島の歴史を見てきた窓
DSC_6185_6203.jpg


産業奨励館が悲惨な歴史の象徴となり、
原爆ドームと呼ばれるようになったあまりにも印象的な屋根。
DSC_6187_6205.jpg


花と緑に囲まれた原爆ドームと道行く人々を見ていると、
まるでそれが孫を見守る、優しいじいちゃんのような存在に見えてきた。
DSC_6241_6259.jpg


原爆ドームの傷を癒すかのように囲む木々とゆっくりと沈んでいく夕日を静かに見れるということは、
平和っていうことなんだろう。
DSC_6296_6314.jpg


夕食後、夜の原爆ドームを見に行った。
とてつもなく怖かった。
でも怖い場所でいいんだと思う。そうじゃなきゃいけない場所なんだと思う。
DSC_6324_6342.jpg


実は初めて、原爆ドームを間近で見ることができた。
一緒に行った連中は早々とどっかに行ったけど、中々ここから離れることができなかった。
ここに来ることができて良かったと思う。


※続く

広島歩記 Vol.3 宮島 その3

05 07, 2018 | Photo & Camera

0 Comments

大願寺の九本松
伊藤博文が植樹したそうな。

必殺、人の気配殺し、というよりもたまたま人がいなかった。
よっしゃ俺は宮島に歓迎されている
DSC_6129_6147.jpg


まぁ、立派。
DSC_6134_6152.jpg


DSC_6137_6155.jpg


DSC_6141_6159.jpg


DSC_6142_6160.jpg


厳島神社近辺裏路地
こういう裏路地って表の賑わいと違って静かでいいなと思う。
DSC_6146_6164.jpg


路地のお土産屋さんで食べた穴子丼、美味し!
DSC_6149_6167.jpg


後に食べた揚げもみじ、もみじ饅頭を揚げたやつ。
あんこと抹茶とチーズの三種。ごめん、正直微妙。
中身チーズの方が美味しいかもしれない。
DSC_6150_6168.jpg


※続く

Next Page »

QLOOKアクセス解析 <?php include_once("analyticstracking.php") ?>