Car & Motorcycle | ボトル二本とチョコレート
FC2ブログ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

軽自動車購入記2(HONDA N-BOXの巻)

01 12, 2016 | Car & Motorcycle

0 Comments
まずは、ホンダに行って「N-BOX」を見に行きます。
N-BOXは自転車積載を考えたとき一番最初にイメージした車でした。

16011103.jpg

お暇な方はお付き合いください。以下の「続きを読む」でお願いします。


軽自動車購入記1(緊急事態発生)

01 12, 2016 | Car & Motorcycle

2 Comments
新年明けたばかりというのに、どうしようという事態発生。

この1/25をもって所有しているクルマのうち軽自動車の車検が切れるのですが
前回の車検で随分お金をかけたので、上の子の大学卒業までは乗り続けようかなと
考えていました。

現在所有しているクルマはファーストカーであるミニバンとセカンドカーのコレ
16011101.jpg

スバルのプレオです。
DOHC4気筒+スーパーチャージャー、四輪独立懸架のサスと今の軽自動車ではありえない、
スバルの職人気質にあふれた、スバルの良心とさえ言ってもいいほどのいいクルマです。
燃費は最悪ですが走りは最強。軽自動車のレベルではないです。

で、昨日ディーラーに車検の見積もりをお願いしたのですが、なんと前回とほぼ同額の20万円超え。
これは、ショックでした。
MTの車に乗りたい僕は、いいクルマと思いつつもそれ程の思い入れもなく、
メンテナンスをあまり積極的に行わなかったことも原因だと思います。プレオよごめん。

「ダメになっているとことがアレで、コレで、あとココも....もう乗り換えられた方が...」
という営業さんの話をうわのそらで聞きながら、「検討します。」と意気消沈で帰宅。

帰って妻とも話し合いましたが考えてみると、走行10万キロ、15年も乗ってますからね、
またいつお金がかかるかもしれないという状況では仕方ないのかなと
早速、前向きに購入計画を立てることにしました。


まずは車種です。もう時間がないので早急に決めるため優先順位を考えます。
うちの軽自動車の使い方はほぼ街乗り、通勤とかその辺に買い物とかの用途です。
でも、今回は一般道で大人4人を乗せたときの走行性、快適性を考慮しつつ、
絶対条件として子供の部活動の送迎や塾、緊急時の送迎に使えるように
「ママチャリクラスの自転車が楽に積めるもの」というのがあります。

となると、皆さんお分かりですよね。ハイ、コレとコレが比較に上がってきます。

16011102.jpg

今は子供の部活動の送迎とか楽器運搬の関係で妻にミニバンに乗ってもらって
通勤や用事などのチョイノリにしか使わない自分が軽に乗っていますが
部活関連の使途がなくなれば、街乗り、買い物程度にしか使わない軽自動車は
妻に乗ってもらうことになると思うので軽自動車購入については妻の希望を優先させます。

この2台、カタログを見る限りでは、積載性、内装、燃費等を考えると自分も妻も
「WAKE」かなということになりました。

というわけで、本日ダイハツとホンダに実車を見に行ってきました。

※続く。



CB1100 ハコフグCafe

07 20, 2014 | Car & Motorcycle

4 Comments
ネイキッド、DOHC空冷4発、ブラックエンジンにモリワキのスチールショート管
ブラック基調の車体にビッカビカのシルバーのアルミタンク。
トップブリッジ下のセパハン、削り出しのバックステップ。

06rightside.jpg

05rightside.jpg

01leftside.jpg

09hakofugu-tank.jpg

究極の親父ホイホイバイク、HONDA CB1100をベースにしたカスタム「ハコフグCafe」

カスタムショップ「ホワイトハウス」さんのお仕事。完璧、素晴らしい!

「CB750Cafe」も良かったけど、これはもっとたまらんですよ、良すぎます。
バイクに求める理想のすべてが詰まってる。

前後18インチのカフェスタイルが今のネイキッドには出せない味。

欲しい、眺めているだけでもいいから欲しい.....。

う~、人生最後の贅沢になってもかまわんから欲しい。


SKYACTIV!

06 12, 2014 | Car & Motorcycle

2 Comments
今日ネットニュースを見ていたら、気になる記事が

久々にクルマねたです。

※マツダ、排気量1.5リッターのクリーンディーゼル・エンジンを新型「デミオ」に搭載すると発表

マツダさん、やってくれましたねぇ、こういうの待ってました!

元々僕は現在のエコカーに疑問を持っていました。
ハイブリットというシステムがどこか気に入らなかったんです。
ハイブリットのような何かと何かをくっつけました的開発思想がどうにも好きになれず、
電気自動車、あるいは欧州車に多いクリーンディーゼルなどエンジン単体での技術開発が進み
ハイブリットなどはそれまでの場つなぎ的存在であるべきと思っていました。

ところが、いつまでたっても電気もエンジンもこれと言った目玉がなくハイブリットだけが主流となり
気が付くと街中プリウスとアクアだらけ。いやね、プリウスが悪いと言うわけでは決してないんです。
むしろ現段階において環境問題を解決し、今の流れを作ったとてもいいクルマだとも思っています。
ただ個人的に好きになれないだけで.....。

それでも、マツダがCX-5を登場させ、ようやく日本でもクリーンディーゼルという方向でのエコカー
造りが見えてきました。これは単純にうれしかったですね。この方向性は大賛成です。

そして、ここに来てこの発表。ようやくコンパクトクラスにもその流れがやってこようとしています。
1.5リッターで105ps/4000rpm、トルクはなんと25.5kgm/2500rpm!もはや3リッターのガソリン車
なみですね!どういう乗り味になるんでしょうか非常に興味があります。

もう一つ嬉しいのは定評のあるAT、SKYACTIV-DRIVEに加えSKYACTIV-MTと称するマニュアル
ミッションが用意されるとの事。うん、これは素晴らしい。
ほんとは欧州車に多いDCTのようなミッションがあればいう事なしだったんですけどね。

これが次期デミオに搭載されると言うんだから期待してしまいますよね。

14061103.jpg

あとは、欧州車に負けない剛性感の高い車体としっかりした足回り。
奇をてらわないシンプルで上質な内装と大人の落ち着きにやんちゃさを併せ持つボディデザイン。
ゴルフやメガーヌに劣らないホットハッチ的な性格を持ったクルマであればなぁなんて思います。
長友君も言ってるしね(笑)。

14061104.jpg

14061105.jpg

ふと考えたんだけど、1.5ディーゼルとMTの組み合わせ。これって時期ロードスターに乗せても
って思うのは僕だけでしょうか?
ロードスターのアイデンティティはDOHC直列4気筒エンジンにある。という事は分かります。
でも時期ロードスターはNAではなく1.5のターボ搭載という事も聞こえてきます。
どうせNAでないのなら派生モデルとしてこのエンジン乗っけるのもありなんじゃないかなと。
シャーシーが同じのを使えればいけそうな気がするんですけどね。

今度、車検でディーラーに行くから営業のあんちゃんとゆっくり話して来ようと思います。
今後もマツダから目が離せませんね。

理想のクルマ

08 06, 2013 | Car & Motorcycle

5 Comments
クルマ欲しい病は、もはや持病。
でもクルマが好きという事は自分にとって生きていくうえでの重要なモチベーション。

今は買えない事はわかってます。
もしクルマを乗り換えるにしてもそれは今を生きていく道具という役割にのみ成り立つもので、決して自分
が乗りたいクルマではない。
でも、次のクルマを買う時は「絶対乗りたいクルマに乗ってやる!。」と静かに決意表明しているわけです。

人生も折り返した今、どういうクルマに乗りたいか?
もう、ずっと以前から考えていることではあるんだけど、

「人生一度はどうしてもオープンカーに乗りたい。」と言う事。

子供に手がかからなくなったら、「好きなクルマで夫婦で温泉旅行に行く。」、と言う結婚した時からの漠然
とした夢があって、ずっとそれを実現できるクルマが欲しいなと思ってるんです。

オープンカーと言っても走ってナンボ、決して速く走るというわけでもないけど速い車は大好きなので、
オープンでカーでもスポーツカーと呼ばれるカテゴリのクルマがいい。

FR、オープン2シーター、ロングノーズ・ショートデッキ、よく回るエンジンと良く曲がるアシ、それでいて高
剛性なボディ、なんて理想があったりして、そんなクルマが世の中にあるの?と突っ込まれそうですが、
あるんですよ、これが、国産で。

HONDA S2000
13080601.jpg

すでに生産が終了しているが、ホンダが創立50周年の記念車としてリリースした、ホンダ待望の久々の
FRオープンスポーツ。

250psで9500rpm!まで回る、お得意のV-TECエンジン。
スコンと入るこれまた2輪も含めて定評のあるホンダのお家芸のミッション。
オープンボディでありながら、とんでもなく贅沢な作りの高剛性なシャーシ。
レーシングマシン並みのダブルウイッシュヴォーン、サスペンションレイアウト。
エンジンもミッションもシャーシもサスペンションも全てが専用設計という徹底したこだわり、入魂の1台。
妥協のない造りゆえに足したり引いたりする部分がない、これが現時点では、最も理想のクルマ。

でもね、現実は甘くなくて、元々人気が高く、生産終了している事もあって、中古市場での価格はウナギ
登り、ちょっと程度の良いものをと考えたら300万円越えは必至。最終形なんてほぼ新車に近い価格。
初期型、事故車、距離10万キロ越えなんてのを探せば100万~それ以下で売られていたりはするけど、
いい大人が乗るクルマとしてそれってどうなの?と考えてしまう。

それに、保険料が高い。無茶して乗る人が多いせいか事故率が非常に高いこのクルマ。ネットで見積を
するとトンデモもない額の保険料が提示される。簡単に言うと普通のクルマの倍くらい。

うーん、現実的にはちょっと難しい。このクルマで息子とドライブするのを夢見ちゃいるんだけどね、現実
は甘くないっていうか......


MAZDA Roadster RS RHT
13080602.jpg

これは国産で唯一新車で手に入るFRオープン。ご存じの通り初期NA型からの人気は絶大で世界で一番
売れてるオープンカー。
不況になってもこの車だけは生産終了にしないだろうと思われるマツダのアイデンティティ、良心。

現行NC型の幌を排したメタルトップなオープンカーは賛否両論だけど、オレ的には全然アリ、むしろ大賛
成。クローズ時は普通にクーペとして使えるのは実用性でも外観的にも絶対有利だと思う。

NC型はマイナーチェンジが2回、1回目のマイナーの時、いわゆるNC2型に大掛かりな変更があってフル
モデルチェンジかと思わせるような完成度だと言われる。狙い目はこのNC2型。夢と現実のギャップを埋
めるという意味では現実的なクルマだけど、市場ではNC1型についてはたいぶ安いところまで来ている
が、NC2型となるとまだまだ高嶺の花。まぁ今買うというわけではないので、当面第2候補。


BMW Z3 2.2i
13080603.jpg

BMWがマツダロードスターに対抗して本国で企画開発し米国で生産されたオープンカー。映画007でボン
ドカーとしても使用された事で有名。急遽開発されたためツギハギな感じも否めないところもあったりする
が、極端なロングホイールベース・ショートデッキなスタイルは国産では真似できないスタイル。最終形
2.2iのリヤのブリスターフェンダーもすごくカッコイイ。ウインドウの位置も危ういほど低く、最近では珍しく
肘をかけて運転できるスタイルもイイ。多分オープンカーとしての開放感はピカイチだと思う。エンジンは
BMW伝統の直6、いわゆる「シルキー6」、非力だけど6シリンダーの上品な吹けあがりは絶品だと言わ
れてる。

なんといっても、価格が安い。保険も安い。心配なのは年式の古さからくるマイナートラブル?。
でも、このスタイルとシルキー6は魅力。
あるショップでとても良い内容の1台が見つかったので色々質問したり、見積を取ったりしたところまで
行ったけど、寸前のところで買い手がついて残念ながらあきらめた過去がある。
S2000とは対極にありながらどうしても頭から離れない1台。


と言うのが、ここ数年、頭の中をぐるぐる駆け回ってきたクルマたち。

でも、ここにきて凄く理想的なクルマが見つかりました。

PEUGEOT 207 CC GT
13080604.jpg

現行型は208にバトンタッチしてしまったけど2012年まで造られていた207。
2+2のコンバーチブルスタイルのコンパクトボディにBMW Miniと同じ1600ccターボエンジン。駆動方式は
FFだけど、足周りもかなり完成されていて、キビキビ回るエンジンと相まってドライブはすこぶる楽しいと
いうインプレッション。剛性感も全モデル206とは比べ物にならないほど向上しているらしい。もちろんミッ
ションも5速マニュアル。

13080605.jpg

何よりメタルトップというスタイルがいい。クーペスタイルも悪くないというかむしろカッコイイ。オープン機構
もロック解除のいらない完全オート。これ結構重要。内装もいろんなところが革張りで高級、高級感では
なく高級。コンバーチブルと言う言葉が嫌いでオープンに2+2なんてありえないと思っていたけどこのスタ
イルなら納得だなぁ。考えようによっちゃ狭い後部座席も荷物おきとして使えば便利そうだし。
FRでもロングホイールベース、ショートデッキでもないけど、それを置き去りにできるほど内容は良いと思う。

中古市場でも、あまり出回っていないか、人気がないのかはわからないが、「え、?」と言う位価格は安
い。もとは300万円を超えるクルマだけど、最近流行りのBOX型軽自動車の新車価格よりも明らかに安い!。
(でも、あれはあれで便利そう。1台あってもいいかなと思う。ただ価格は高いと思う。)

これなら、1600CCと言う排気量もちょうどいいし普段使いの足としても十分使える。
本当はクルマの運転が好きな妻も乗れるだろうし、まさに理想かもしれない。

と、言うわけでかなり理想と現実を埋めてくれるこのクルマが今、非常に気になっています。

今回カメラを新調したので貯金はほとんど使い果たしてしまいましたが、今度は欲しいクルマを手に入れ
るための、おこづかい貯金を始めようと思います。

買えるようになるまでは今のクルマで頑張りまっせ~。

« Prev Page Next Page »

QLOOKアクセス解析 <?php include_once("analyticstracking.php") ?>