ボトル二本とチョコレート
FC2ブログ
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

今日のiPod 9

03 03, 2010 | Today's iPod

0 Comments
本日より、実験的に「今日のiPod」を音楽カテゴリでやってみる。
そのうちこれだけカテゴリにするかもしんない。
好きな曲とか思い入れの深い曲がかかったら一曲だけピックアップしてみようと思う。
自分なりのその曲への関わり方とか。

では、
「今日のiPod」

Wake Up Time For Freedom/The Cult
Nadia/Jeff Beck
Midnight Ramblar(LIVE)/The Rolling Stones
Until The End Of The World/U2
Wisemen/James Blunt

ローリングストーンズは、もう自分の中では一番か二番というぐらい好き。
その中でもアルバム「Get Yer Ya-Ya's Out! [LIVE]」が今は一番好きで
60年代後期のストーンズのベストライブだと思ってる。
この曲はそのアルバムに収められている曲。
この頃のストーンズのライブは色々といわくつきでもあってヘルズエンジェルスとかね。
全曲、ストーンズの鬼気迫る感じとセクシーさが融合している。
その中でも、この曲と「悪魔を憐れむ歌」はこのアルバムでもひときわ凄い。
超個人的主観で言うと特筆すべきはそのギターサウンド。
ミック・テイラーのギターも凄いけどキースも負けてない。
ロックン・ロールをこれだけ決められればどんなに幸せだろうかと思う。

キースが言ってたね。
「もう、Get Yer ~みたいにはできやしないさ」って。

この曲を初めてライブで見たのは90年の東京ドーム。
曲の途中でいったんブレイクするんだけど、
ミックがキースにすりよってキースの肩に手をのせた瞬間に
お互い目を合わせニヤリとするっていうシーンに遭遇した時
やられた。
一生ストーンズ聞き続けようと思った瞬間。

GET YER YA YAS OUT

このレス・ポールはキースのでSGはミック・テイラーのだね。
このままミック・テイラーが在籍してたらハードロックバンドに
なってたかもしんない?

QLOOKアクセス解析 <?php include_once("analyticstracking.php") ?>