ボトル二本とチョコレート
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

知覧特攻平和会館

04 28, 2010 | Dialy

2 Comments
太平洋戦争末期、ここに陸軍特攻基地が置かれ、
多くの若者が沖縄の海に向かって散って行った場所であり、
その記録を後世に伝えるところ。
日本に育った男子として、
一度は行っておかねばならない場所だと思っていた。

まず、特攻隊員の像を見つける。
心の中で敬礼。
07 知覧兵士


続いて、特攻平和観音へ。
ここで、手を合わせると身の引き締まる思いだ。

長い、祈りを奉げた。
気がつくと誰もいなくなっていた。
その場所は、かつての出来事がまるで嘘のような
静寂が支配する、とても穏やかな空間だった。
08 知覧観音殿

すぐ横に特攻隊員たちが特攻の命令を受けるまでに過ごした
三角兵舎が建っていた。
若き特攻隊員たちはこんなに暗い場所で最後の時を過ごしたのか、
ここで彼らは何を思い過ごしたのだろうか、
などと考えると、どうしてもシャッターが押せなかった。

特攻平和会館へ。
09 特攻平和会館

入るとすぐのロビーに大きな絵が飾ってある。
特攻をやり遂げた血だらけのパイロットが、
何人もの天女たちに抱きかかえられて天に昇って行く。
それを見ただけでガツンと心に響く。

特攻隊員の遺書を目の当たりにする。
知覧の事も、遺書の事も知ってはいたけど
こうやって遺書を実際に目にすると心が締め付けられ
泣けてきてしょうがない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
※ここから先、自分の思いの丈を綴っています。
 話が重いし、不快に感じられる方もいらっしゃるかも知れません。
 こういう話が苦手だと思われる方はどうか読み飛ばしちゃってください。
-----------------------------------------------------------------------------------------

Next Page »

QLOOKアクセス解析 <?php include_once("analyticstracking.php") ?>