ボトル二本とチョコレート
FC2ブログ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

JAZZ ~あるコメントへのレス~

07 22, 2011 | Music & Guitar

8 Comments
久々に音楽ネタです。
最近、ある映画を観たのがきっかけで「JAZZ」にハマっていました。

SWING GIRLS
Swing Girls
お話は、田舎の女子高生が「BIG BAND JAZZ」をやるってモノなのですが、
これが、事の他面白いんです。今まで何回も観ていますが飽きませんねぇ。
この映画は最後のライブシーンに尽きると思うんですけど、
とにかく楽しそうに"SWING"しているんですね。
これが、そう思わせるのは、本当に感動してしまう演奏力の高さなんだろうと思います。
吹奏楽部の娘が「BIG BAND JAZZやりたい!」って言うのも分かる気がします。

元々、BIG BAND JAZZは好きなんです。
と言うのも、子供の頃というか今でも大好きなアニメ「トムとジェリー」
このアニメのなかでのトムとジェリーのコミカルな動きにあわせて流れる音楽がとても楽しくて、
子供心に「この音楽ってなんだろう?」思っていました。

それがBIG BAND JAZZと知ったのはずいぶん後、もうすっかり大人なっていました。
20年前でしょうか、当時欲しくてたまらなかった、
「アビレックス社製のフライトジャケットA-2」
これのバックプリントに描かれていたのが、BIG BAND JAZZの巨匠「グレン・ミラー」でした。
A2.jpg

で、しばらくしてその「グレン・ミラー」を聴いてみると、
まさしくあの「トムとジェリー」の世界だったのです。
この出会いは嬉しくてたまりませんでしたね。

GLENN MILLER ORCHESTRA

A-2は今でも着用していて、革なんか擦れちゃってすっかりやれてしまいましたけど
息子が大きくなって、欲しがったら譲ってもいいかななんて思っています。


今回、SWING GIRLSを見てから何枚かのCDをTSUTAYAで借りてきました。

An Anthology Of Big Band Swing 1930-1955
ビッグバンド黄金時代

Swing Jazz
Swing Jazz

いわゆる、BIG BAND JAZZのオムニバス盤なんですけどグレン以外の色んなミュージシャンが聴けて、
あるいはどっかでで聴いた事のある様な曲やSWING GIRLSで演奏していた曲もあったりして
とても楽しめた2枚でした。
特に1枚目のCDに収録されていたディキシーランドジャズを聴いたときは
トムとジェリーにあった、猫の背中に住むノミのジャズバンドの話を思い出したりして。


えーと、そうでした今日の記事はここに良く来てくれているブロガーさんに
「AC/DCとレッド・ツェッペリンが好きな僕におすすめのジャズをおしえておくれやす社長ォッ」
とのコメントをいただいたのがきっかけでした。

言っとくけどねぇ、オレJAZZって全然に詳しくないよ、
ただビッグバンドとかディキシーランドが好きなだけで.....
それだってアーティストの一人も憶えらんないんだから。
とりあえずねぇ、これまで紹介したのを聴いてみて下さい。
って言うのもあまりにも投げやりなので、

いままで聴いた中で、それっぽくて印象に残ったのを2枚だけ

Kind of Blue ~Miles・Davis~
Kind of Blue
言わずと知れたマイルスの名盤中の名盤!....らしいです。

これ凄いですよ。曲は静かに展開するものばかりなのですが、
リラックスなんてとんでもない、全体に感じられる、
研ぎ澄まされる緊張感と迫りくる臨場感が超絶で
「心して聴かなあかんな、これは」と言う印象でした。
これは、ロックのライブ感に近いもんがあります。
サイレンサーを付けたトランペットの音色にやられる事間違いないです。

JASS ~Ry・Cooder~
Jazz.png
これもまた、僕のところに来ていただいているブロガーの
「只野乙山」さんに紹介してもらったアルバムです。
個人的に、これをJAZZと呼んでいいのか分かりませんが、
とにかく素敵なアメリカがそこにはあるといった雰囲気で心地よくなります。
それにしてもライ・クーダーさんよ、JAZZにスライドギターってのはアリなんか?
でも、そこがいい。ちょこちょこと見え隠れするカントリーブルース系の音が
僕には大好物です。これを教えていただいた「只野乙山」さんありがとう!


後もう1枚、変わったところでこれ、

STAR WARS UNPLUGGED ~The Trotter Trio~
STAR WARS UNPLUGGED
スター・ウォーズをJAZZでやっちゃいましたってアルバムです。
これは、「あ、あの曲はこんなになるのか」って聴くと面白いです。
なかにはなんの曲をやっているのかさっぱり分からないのがありますが。
これはね、エピソードIVにシーンであった、
賞金稼ぎが集まるバーでの宇宙JAZZ?のシーンの曲が収録されていて
それが聴きたくて手に入れたようなアルバムです。

長々とだらだらと進行してまいりました今日の記事、総括すると
いまだにJAZZは良く分からないし、実は積極的に聴いて行こうとも思っていませんが
BIG BAND JAZZだけはこれからも聴き続けていくだろうと思います。
SWING GIRLSを挟みながら......。

どう、いずきちゃん、こんなところで。もう勘弁して....
AC/DCとレッド・ツェッペリンとローリング・ストーンズが大好きな社長より(笑)。

« Prev Page Next Page »

QLOOKアクセス解析 <?php include_once("analyticstracking.php") ?>