ボトル二本とチョコレート
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギブソンほっし~

04 18, 2015 | Music & Guitar

4 Comments
今日は、取引先への打合せに帰りに、ふと思い立ち楽器店に立ち寄りました。

佐賀のとある楽器店にずっと仲の良かった店員さんがいたのですが、昨年異動されたようで、
たまたま本日そちら方面に出張になりましたのでちょっと様子見に。

なんて言いながら、その楽器店は佐賀店よりも規模が大きいので、
佐賀にないギターが試奏できるかなと(笑)。

というわけで弾きまくってきました。前から気になっていたGIBSONのアコギを。

ブルースを弾くなら、GIBSONだよなぁ、という思いはずっとありました。
今持っているアコギもGIBSONではありませんが、GIBSONっぽいルックスのギターです。

お店にあったのはGIBSON J-45。Martin D28とならんで国内外に使用アーティストの多い、
超メジャーなギターですね。

サイズ変換_L-45STD

でも、GIBSON J-45、どうせストローク用のギターだろと眼中になかったのですが、
今、一番好きなブルースギタリストのライトニン・ホプキンスがJ-45で
いい感じにかき鳴らしているのをYouTubeで観て気になってはいました。

弾いたのは安価なスタンダードモデル。それでも18万円はします(^^;)
と高級なとても手が出ないカスタムショップモデル。

カスタムショップモデルはスタンダードに比べ圧倒的に弾きやすく若干上品な音色。
でも、スタンダードの荒々しく、迫力のある低音に惚れてしまいました。

細かいところの造りは、国産のギターの方が優れているのだけど、
この音を聴いたら、そんなのどうでもよくなりますね。
一時期、悪評ばかりを聞いていたGIBSON。でも、やっぱ素晴らしいです。
試奏して良かったのか悪かったのか、悩みの種がまた増えました。

本当はGIBSONでも、このL-00が欲しいんですけどね、
J-45がこんなにいいとは思いませんでした。
サイズ変換_L-00

家に帰ってから、自分のギターを弾いて落胆しないかが心配(笑)。


くぅ~っ、ライトニン、かっこいい.....、今、この曲を練習しています。
- Baby, Please Don't Go -




スポンサーサイト

Next Page »

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>