福岡モーターショー 2nd Lap (86&BRZ編) | ボトル二本とチョコレート
FC2ブログ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

福岡モーターショー 2nd Lap (86&BRZ編)

02 03, 2012 | 2012 Mortor Show in Fukuoka

4 Comments
さて、GT5のゲーム体験も終わり、いよいよ本番です。わかっちゃいたんですけど、人が多すぎ。展示さ
れているクルマの最前列に行かないとクルマがまともに見れない。まず今回はレンズのチョイスが大失
敗。28-75mm/F2.8の一本勝負だったのですが、引きの写真が全く撮れない。前日悩んだ広角ズーム
を持っていくべきでした。とにかくクルマの写真を撮ろうにも全体が収められず、大変苦労しました。とい
うか開き直りました。(^_^;)

12020301.jpg

入るとすぐに、2輪の"Kawasaki"のブースがありましたが、それを横目でチラ見しながら、はやる気持ち
を押さえつつ、目的の場所へ。今回はどうしても観たいクルマがありました。

『TOYOTA "86"』Comingsoon.....

とにもかくにも『86』なにはなくとも『86』と言う程、このクルマには期待していたわけですが、

"86"という言葉が世にメジャーになったのは、峠の走り屋がクルマの事を型式で呼ぶようになった頃で
しょうか。AE86(レビン・トレノ)、AW11(MR-2)、FC3S(RX-7)、S13(SILVIA)、BNR32(GT-R)、などなど、

『AE86型』、カローラレビン、スプリンタートレノの上級モデルですね。僕らの高校生のころは『86』なんて
知らなくてレビン、トレノって呼んでいましたけどね。特に1600GTV、1600GT-APEXなんてグレードは憧
れでした。ドリキン"土屋圭市氏"の愛車であったり、某、"豆腐屋の息子"の漫画でも有名になりました
ね。
12020301-2.jpg

その『86』と言うネーミングをメーカーがクルマの名前に採用したんだから、今回はトヨタも相当気合が
入っているなと。特に、コンセプトモデルの時は『FT-86』という名前だったような気がするんですけど
市販モデルでは『86』とただの『ハチロク』としたところに、トヨタのただならぬ意気込みを感じます。ネー
ミングからしてもメインターゲットは僕らみたいな、40~50代の"オヤジ"でしょうか。

前置きが長すぎましたね。それでは久々のFRスポーツ『TOYOTA 86』から見ていきます。
『TOYOTA 86』
86.jpg
ブースに着くと、このクルマだけはステージが組まれていて高いところに鎮座していました。
うーん、やっぱりいいですね、スポーツカーは。

SUBARUと共同開発のこのクルマ。スバルの水平対向4気筒エンジンにトヨタの燃料噴射システム。過
給器なしのNAで最高出力200ps。

僕の前のクルマがインプレッサWRXだったりするんですけど、それはそれは楽しいクルマでした。だけど
ね水平対向エンジンの低速トルクの無さにはちょっと閉口していました。なので『86』のトヨタのインジェ
クションの出来が気になります。

排気音はどうなんでしょうか?
水平対向と言うと、あの「ドコドコ」した特徴的な音がするのですが、コレは、「4気筒のエキマニの長さが
不等長である故なんだ」と、なので「等長のモノに変えると普通の排気音になるんだ。」という事をスバル
のメカニックに教えてもらった事があります。インプレッサならあの「ドコドコ」音はアリなんだけど、『86』
にはなんか似合わないような気がします。この辺がどうチューニングされているのかも気になりますね。

サスペンションレイアウトはフロントがストラットでリアが、ダブル・ウイッシュ・ボーン。ここまでくればフロ
ントもリアと同じにしてもらいたかったけど、トヨタのストラットは定評があるのでこれはこれでいいんじゃ
ないでしょうか。サスペンションのセッティングなどはトヨタ、スバルでそれぞれ味付けが違うそうです。

12020316.jpg

ちょっと、残念なのがミッション。このクルマでは6MTと6ATが用意されていますが、6ATについては、ト
ルコンATとなっています。どうせならVWの"DSG"のような2ペダルMTにできないもんなのか。トヨタは
MR-Sの"SMT"でノウハウ持っているはずだと思うんですけどね。最近のは、シフトダウン時にクルマが
勝手にブリッピングしてくれ3ペダルMTのヒール&トゥよりも、正確で速いとも聞きます。Dレンジ付きな
ら、普段の運転は楽々ATでちょっと走りたい時にシーケンシャルシフトで。なーんて、絶対楽しいと思う
んですけどね。そう考えるのはすでに軟弱ものか。6ATにはパドルシフトが装備されているのようなので
すが、トルコンATだとね、うーん。やっぱり、楽しさ半減の感は否めないなぁ。

6MTについては、特にないのですが、強いて言えばギア比は気になるところですね。僕の自論としては、
サーキットでも走らない限り6速は必要ないと思っています。峠とかを気持ちよく走るんだったら、5速で
充分。だって絶対使えませんもん6速なんて(>_<)なので、1~5速がクロス気味で、6速がちょい離れた
高速巡航のためのOD的なギアレシオなら、使い勝手いい、おいしいミッションになるんじゃかな、なんて
思います。実際に、マツダのロードスターはそういうギアレシオなんだそうです。これが、2ペダルMTで
実現したなら、ほぼ理想。言うことなしなんですけどね。ま、最もこのクルマはサーキットを走る事も視野
に入っているでしょうから、そう言うわけにはいかないんだろうけど。


見ていて思ったのは『86』と言いながら、かの名車『TOYOTA 2000GT』のデザインからフィードバックさ
れているような箇所がちらほら見られますね。ひょっとして、デザイン的には「現代の2000GT」を目指し
て練られたのでは。

低いボンネットと控えめだけどフロントフェンダーの盛り上がり!最近のクルマではほとんど見られない
形ですね。これはMRレイアウトか、背の低いエンジンでしか実現できない。それ故の、水平対向だとし
たら納得です。ここでは分かりにくいですが、段差が付いたパゴダルーフ、これも大好物な形です。
12020303.jpg

12020304.jpg

FRスポーツならではのロングノーズ、ショートデッキ。(切れてる....(T_T)) 実際に乗ったら、腰で廻ってい
るような感覚を体験できそうです。
12020305.jpg


リアフェンダーの曲線もたまらないですね。
12020306.jpg


それにも増して僕がこのクルマで一番、気に入ったのはこの部分、このリア・ウインドウの処理。これに
は参りました。まんま『2000GT』ですね。これはイイ!。
12020307.jpg


リアデザインを見てみます。マフラーの辺りは、最近はやりのディフューザー形状ですね。これも、迫力
があって好きな形です。このリアだったら、スポイラーは要らないなと感じました。ただ残念なのは、テー
ルランプ。個人的には丸一灯で処理できないかなぁなんて思ってしまいます。
12020308.jpg

86リア


今度は『SUBARU』のブースへ、共同開発と言う事でスバルの方にももちろん兄弟車が用意されていま
す。スバル社の方は『BRZ』というネーミング。『BRZ』は触れる位置に展示されていて、人がいっぱいで
最前列に行くまでに相当時間がかかりました。

『SUBARU BRZ』
12020310.jpg
『86』とは、グリルの形状が違いますね、そのぐらいかな違うのは。『BRZ』の方が幾分落ち着いたデザ
インになっているなと思います。WEBで見る以上はこっちのデザインの方がいいなぁと思っていましたが
実際に見ると、『86』のちょっとヤンチャ雰囲気がこのクルマにはあっているなと。『BRZ』はちょっと落ち
着きすぎかな。それにしてもこのブルーがカッコいいですね。うーん、結局のところ、どっちがいいのか分
からくなってしまいました(笑)。


『86』では分りにくかったパゴダルーフ、これがまたイイですね、この形大好きなのです。
12020311.jpg


展示されていた『BRZ』はリアスポイラーが装着されています。さっきは要らないなんて言っていたけど、
コレはこれでアリかも。
12020313.jpg


コンパニオンのおねぇさんがドアを開けてくれたのであわてて、中を撮りました。ピントが怪しいですが、
コクピットです。センターにタコメーターが配置されているのがいいんです!コレは僕的にとてもそそるデ
ザインです。
12020312.jpg
『86』のカタログサイトを見ると最上級グレードではタコメータだけ白盤と言うのが中々ニクイ仕様です。タ
コメータのなかにデジタルのスピードメーターが仕込んであって、運転中に視点をあまり動かさないでい
いようになっています。
12020315.jpg
スピードメーターはアナログ式のがタコメーターの左側にあるのですが、コレは何で付いているんだろ
う?二つも要らないのにね。気になります。オプションでこのスピードメーターの替わりに、油温計、油圧
計、水温計、電圧計とかチョイスできればいいのに。

センターコンソールの下の付近にエンジンスターターのスイッチがありますね。これも、カッコいいんだけ
ど、なぜこの位置なんだろう?ちょっと使いにくそうな気もします。


いいたい事は山ほどあれど、さてさてそろそろ強引にまとめに入ります。会場に入って、まず『86』と
『BRZ』を観に行ったわけですが。このクルマがこの時代に市販される形で出てくれてホントに良かった
と思います。

エンジンと足回りの出来は気になるところですが、デザインは、エクステリア、インテリア共に個人的に
すごく気に入りました。しかも価格帯は200万円~300万円。最近のこの手のクルマとしては、そう高く
はないんじゃないかなという感じがします。ま、そういう僕は宝くじでも当らない限り買えそうにありませ
んが、独身であったなら、次の日にはディーラーに行っている事でしょう(笑)。あの場にいた時は、「何と
か買えないか?」を真剣にシミュレーションしていましたから。

もうすでにバックオーダーがたくさん入っていると聞きます。GWごろには公道を走っている姿が見れそ
うですね。いいクルマを見るといいなぁとうらやましく思う事はありますが、このクルマを見たら、それと確
実に嫉妬しそうです(笑)。

『86』と『BRZ』どちらがいいか?コレは悩ましいところですね。水平対向エンジンと言う事を考えるとスバ
ルで買った方がいい気もするし、しかもスバルはターボ付の"Stiバージョン"も用意しているとの噂もあ
るし、
86BRZ.jpg
だけど、僕はトヨタに軍配をあげたいと思います。NAで200psもあれば十分な気がしますし、何より、
『86』というネーミングにしてくれた。だって、クルマ何乗ってるの?と聞かれて、『ハチロク』って答えられ
たら最高に幸せじゃないですか。そういう所ってすごく大事な部分だったりします。

« 福岡モーターショー 3rd Lap (国産4輪編) 福岡モーターショー Opening Lap (グランツーリスモ編) »

4 Comments

naokichimanさん おはようございます
86遂に発売ですね
私にも、懐かしい一台ですね
乗っていた訳ではないのですが、販売されてた当時よりも暫くたってからの方が良く耳にしてた気がします
個性的な車が多い時代でしたね
近所の方で、箱スカGTR(エンジンを全て載せ替え)とケンメリGTEXを所有されてます
普段乗りではないようですが、晴れた日の早朝、町中に爆音が聞こえる事があります、どうやらGTRのようですよ
元日産の方なんですって(*^^)v
エコな車が何かと話題になる今日ですが86の復活は大いに歓迎したいところですね

by ケンケン | 02 05, 2012 - URLedit ]

>ケンケンさん、

久しぶりに、胸が躍るクルマが出たなぁという感じです。
それが今のトヨタから出ると言うところに異議を感じます。
「アルテッツァ」で期待を裏切られただけに.....。
ま、今の僕には到底買えやしませんが。(>_<)

ハコスカGTR!クルマもさることながら維持費も凄そうです。
それを維持されてるんですから、クルマ愛なんでしょうね。
そういう、クルマとの付き合い方は憧れるものがあります。
自分だけではなく、周囲の理解がないとなかなか、ね。

「86」、凄いバックオーダーを抱えているようですよ。
今注文しても、納車は7月ごろだとか.....
なにか、一昔前の「シルビア(S13)」の発表の頃を思い出します。
時代はエコかもしれませんが、モーターショーでのあの人だかりを見ると、
みんなやっぱりスポーツカーを欲しているんだなと思いました。

by naokichiman | 02 06, 2012 - URLedit ]

86ですか! 最高出力200PSってすごいですね☆

私 若かりし頃、オーバーフェンダーのTE27型レビン・トレノにずいぶん憧れましたv-411

今の若者は この86をどう思うんでしょうね!?

by みるくBOY | 02 06, 2012 - URLedit ]

>みるくBOYさん、

おはようございます。

> 86ですか! 最高出力200PSってすごいですね☆

そうなんです、最近のNAは凄いです。もう生産が終了しましたが、
HONDAのS2000は2000ccのNAで250psでした。これもかれこれ13年前の話です。
まぁ、公称200psでも実際には、後軸出力で170ps位じゃないかなと思います。

僕らの高校生の頃は、ちょうど"ソアラ"が出たての頃で、
2800GTに搭載される、2800CC、DOHC6気筒エンジン、6M-GEUが、
170psだった事に、驚いた事が懐かしいです。


> 私 若かりし頃、オーバーフェンダーのTE27型レビン・トレノにずいぶん憧れましたv-411

TE27!、あれカッコいいですよね。セリカより地味だけどそこが渋い。
搭載された2T-Gは名機ですよね。ソレックスにタコ足組んだ時の音なんか、
今でも、ヨダレもんです(笑)。
TE27、実は僕らの頃はすでに現役ではなくて、(それでもセリカは知っていましたが。)
実際に知ったのは、静岡が舞台になった、"西風氏"のエンスー漫画「GTロマン」を読んでからなのでした。

> 今の若者は この86をどう思うんでしょうね!?

うーん、86と言うネーミングに???な状態なんじゃないでしょうか。
このネーミングは賛否両論見たいですね、僕的にはたまりませんが。

それは、そうとGSX1400、ドキッとしましたよ(^^ゞ
今、一番気になっている1台ですから。
僕の心の中にあるリスト、『このバイクのために限定解除が欲しい』の中の
1台に追加したのは言うまでもありません(笑)。

by naokichiman | 02 07, 2012 - URL [ edit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QLOOKアクセス解析 <?php include_once("analyticstracking.php") ?>