どうしても欲しいCD | ボトル二本とチョコレート
FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

どうしても欲しいCD

05 01, 2010 | Music & Guitar

6 Comments
最近、昔聞いていた”LP”のCDを集めてる。
訳がわからんね。
要するに音源がいまだに持っているカセットテープでしかない
アルバムのCDを集めてる。
今のところ.......、

「ポイズン ~サンハウス~」
ポイズン

「魔界典章 ~ラウドネス~」
魔界典章

「ユートピア ~松田聖子~」
ユートピア

「コールド・スプリング・ハーバー ~ビリー・ジョエル~」
コールドスプリングハーバー

「ビリーズ・バーベキュー ~アラベスク~」
ビリーズ・バーベキュー

まだまだ、いろんなものを集めたいんだけど
今、どうしても手に入れたくて、手に入らないものがある。

「モダン・ガール ~シーナ・イーストン~」
「涙のブロークンハート ~シーナ・イーストン~」
シーナ 1st 2nd

シーナ・イーストンの1stと2ndアルバム。

新品、もちろんない。
中古屋も探した。
オークション、たまーに出てくるけど高過ぎ。
熱くなっちゃって15,000円まで粘ったけど落札できず。

たのむから、再販してくれ~!

まだ聞けるけどもう伸びちゃって再生するのがちと怖い
およそ、25年前のカセットテープ。
シーナのテープ
銘柄が分かる人、いますか?
なつかしいでしょ?
俺はSONY派(笑)。

« GWは地元で、Part.1 知覧特攻平和会館 »

6 Comments

はじめまして
先日はコメントありがとうございます
僕も最近よく昔の歌を聞いて頑張ってます
『BOOWY』とか洋盤だと『デッド・オア・アライブ』とかです
(^_^)v
昔の唄っていいですよね!

by おかいっちゃん | 05 02, 2010 - URL [ edit ]

こんばんは。

僕はむしろ、LPで聴いてみたい。
生まれたときからCD世代ですのでLPというものにはスゴク興味があります。
CDと比べて音の厚みが違うとよく聞きます。LPは人間の不可聴音域まで収録しているので、音の幅が広いとかなんとか……。

レコードプレイヤー持ってないくせにピンク・フロイドの『炎』のレコード持っているんですけど。
プレイヤーが欲しいです。

by いずき | 05 02, 2010 - URLedit ]

>おかいっちゃん さん、

はじめまして。
コメントありがとうございます。

BOOWY!、いいですね。僕も今でも聴きますよ。
あの頃のブームはなんだったんでしょうね。
コピーバンドだらけでした。
布袋さんのギターは簡単に聴こえて実は難しい。
初心者は大変だっただろうと思います。

僕の聴く音楽はまだ21世紀を迎えていません。

野球、僕も大好きですよ。
そのうち野球の話題もできたらいいなぁと思います。
また覗きに来て下さいね。
これからもよろしくお願いします。

by naokichiman | 05 03, 2010 - URLedit ]

>いずき さん、

こんにちは。

僕はレコードプレイヤーを持っていなかったので、
普段はカセットテープでしたが友達の家に遊びに行ったときには
レコードで聴かせてもらっていました。

その後、自分で買えるようになった頃には、
世の中はすっかりCDが主流になりつつあり、
CDコンポを買ってみたもののCDはレコードとは違うなぁと感じたものです。

何が違うかはうまくいえませんが、いずきさんが言われるように
音の厚みとか音圧感と言うのでしょうか、迫ってくる音の迫力が
CDは希薄なのかなぁ、そのように感じました。
よく、ダイナミックレンジがCDよりも広いとは言いますよね。

ただね、レコードはめんどくさいですよ。
聴くときの手続きとか、普段のメンテとか。
CD楽だもんね。
いや、もうすでにCDですら古い世代のメディアなのかも知れません。

ピンク・フロイドなんかはレコード聴くと感動がまた違ってくるのではないのかなぁ。

チャンスがあればぜひレコードで聴いてみて欲しいです。

by naokichiman | 05 03, 2010 - URLedit ]

こんばんは。

「AHF」知ってます(ただ年取ってるだけかも?(苦笑))

確かこれ、A、B、Cとなかったでしたっけ?お金がないので一番安いCHFを買って、
これまた安いラジカセで聞いていたら、ミリミリミリと中に吸い込まれた記憶が
たった今鮮明に(笑)

シーナ・イーストンって、CDが今は廃盤なんですか?
昔は結構人気ありましたから、再販されないのは権利の問題でしょうかね。
モダンガールとか、007の主題歌なんかは今も記憶に残ってます。

記憶に残っているとえば、ジャケットを見ていて思い出したのがラウドネス。
正直、彼等の音楽の熱心なリスナーではなかったのですが、ボーカルの二井原実
が海外進出時のことを書いた本は凄く面白かったです。
向こうで知り合った、外人のお姉ちゃんとの出会いと別れが中心だったと思いますが
ちょっと探し出してまた読み直してみたくなりました。

ここにまたジャケットが載ってますが、前回のビリー・ジョエルの話は、そんなに
大した話じゃないんです。ある時期サザンの桑田佳祐が相当影響されていたんですよね。
アレンジとか歌い方とかまで。それを頭に入れながら聴くと、本当にそっくりなんです。
http://www.youtube.com/watch?v=LrwsfTDF1Vg
この辺りでしょうか。

by Sato | 05 03, 2010 - URLedit ]

>Satoさん、

こんにちは。
すみませんGW中外出していましたので返信がかなり遅れてしまいました。


>確かこれ、A、B、Cとなかったでしたっけ?

はいはいそうです、リアクションうれしいなぁ。
本当はTDKの「AD」が使いたかったんです。
みんな使っていて、どうしてか自分の中でステータスだったのです。
でも、なぜかSONYのテープがワゴンセールで激安だったので、
AHF、BHFそれとクロームテープのUCXをまとめ買いしていました。
BHFは主に邦楽に、AHFは洋楽に、UCXはHR/HMなんて、
訳のわからない使い分けをしておりました。
当時は、シースルーのメタルテープに憧れましたね。


>シーナ・イーストンって、CDが今は廃盤なんですか?

そうみたいなんです。
ベスト盤とかは今でも売っているんですけどね。
権利関係だとしたら難しいですね。

"ユア・アイズ・オンリー"懐かしいです。
これは少ない小遣いで映画館に観に行きました。
なので僕の中のジェームス・ボンドは"ロジャー・ムーア"です。


>記憶に残っているとえば、ジャケットを見ていて思い出したのがラウドネス。

ラウドネスは"AC/DC"とほぼ同時期に聴き始めたのですが
当時は「日本にもこんなに本格的なHMバンドがいたんだ」と感動しました。
「誕生前夜」と「戦慄の奇蹟」とこの作品は
自分の中で勝手に初期三部作と決めています。


>ある時期サザンの桑田佳祐が相当影響されていたんですよね。

これは知りませんでした。
うん、うん、この曲は確かにビリーな感じですね。
「ザンジバル」といったところでしょうか。
曲が似てるというか、歌い方とか雰囲気とかサウンドメイクとか
いい感じにビリーですね。

by naokichiman | 05 06, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QLOOKアクセス解析 <?php include_once("analyticstracking.php") ?>