オートパーティ Vol.3 | ボトル二本とチョコレート
FC2ブログ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

naokichiman

Author:naokichiman
狭く深くを信条としているつもりがいつの間にか広く浅くになってしまう.....

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター
QRコード
QR

オートパーティ Vol.3

05 16, 2010 | 2010 オートパーティ

8 Comments
展示の車が一斉に移動、
その方向に行ってみるとパレードが始まろうとしていた。
01 パレード
高級スーパーカーが一堂に会す。
ここはビバリーヒルズですか?
ちがいますか、あぁそうですか。


ポルシェ911カレラ
02 911
スポーツカーに似合う色は?って聞かれたら、
迷わず、黄色って答える。
特に、ポルシェイエローとでも言うのだろうか、
少し赤み?の入ったこのコクのある黄色が好きだ。
フェラーリは別。フェラーリと赤はセットだと思っているから。

このカレラのロゴがいいね。
ってのは言い訳で本当は全体を撮りたかったのだけど
レンズ交換が間に合わなかった。
と言うか、クルマの全体を撮るのがいまいち苦手。
なんかカッコ良く撮れない。


ケータハム スーパーセブン
03 7-1
元々、ロータスが製造していたのをケータハム社が引き継ぎ
現在に至るまでに製造販売を続けているクルマ。
むき出しのタイヤにバイクのようなサイド出しのマフラー。
屋根もなければ、ドアもない。
もちろんステレオやエアコンなど快適仕様などあろうはずもない。
あるのは走るためだけに必要な機能と計器類のみ。
04 7-2
この車を見た人がよく”ルパンのクルマ”って言う事があるけど
あれはモーガン。
ノーズコーンにあるエンブレムをロータス物に換えるのは
ケータハムに失礼か。

この車には尋常ではない思いがある。
漫画家、西風氏の”GTroman”ですっかり魅了されてしまい
スーパーセブンについての書籍、ビデオ色んなものを集め、
日本の輸入元である紀和商会にも足を運んだ。
どうにか、この車で全てを賄えないか本気でシミュレーションもした。
結局、実現することはなかったけど今でも欲しい車の究極的な位置にある。

ふと気付くとパレード中なのに運転席にオーナーさんがいない。
と思ったら、押し歩いてる。
えぇ、そんなに軽いんですか!?
というか、押して歩かなければならないほど、
低速トルクのない高回転型のエンジンなのだろうか。
05 7-3
スーパーセブンはエンジンの種類にいろんなバリエーションがあって、
特にコスワース製のBDRエンジンがいい。
一回だけ、そばでエンジン音を聞いたことがあるけど
迫力のある排気音とともに「シュゴ、シュゴー」という
キャブレターの吸気音がはっきりと聞こえた。
その音の良さにしびれた。
これならステレオなんて要らないと思った。

このクルマを世に出したコーリン・チャップマンに万歳だ。


フェラーリF430
06 F430
最近のフェラーリは押し出し感が強いなぁ。
もちろんカッコいい。
カッコいいんだけど、うーん、なにか違う。
なんて、どうせ買えやしないけど。


TOYOTA MR-2
07 MR2
おぉ、このクルマ今年も来てたんだ。
しかも、スーパーカー枠で。
なんか、年々派手になるなぁ。
存在感は圧倒的でどのスーパーカーよりも注目度が抜群だった。
息子の目にも止まったらしく、渡しておいたS90で何枚も写真を撮っていたようだ。
オレ:「オレなぁ、これに乗ってたとバイ。」
息子:「えぇ、うっそ!」
本気で驚いたようだ。
オレ:「おいおい、ちょー、まて、こんなに派手でなかぞ、勘違いすんなよ。」
08 MR2-2
※息子撮影 CANON S90

ドアにはいった”SV-3”のロゴが泣かせる。
SV-3とはこのクルマが東京モーターショウに出品された時の車名。
国産でフェラーリと同じミッドシップレイアウトのエンジン。
内装が当時としては未来的で、
デジタルのスピードメーターにアナログのタコメーター。
普通、カーステレオの着くあたりに無線機が装着されていて
シートのヘッドレストから無線用のマイクが伸びていた。
ちょうど、現在のハンズフリーのようなモノ。
ステレオはというと、運転席シートと助手席シートの間にあって、
ちょうど頭の横にある感じ。そのメカメカしさに心ときめいた。
しかも、屋根が外せるT-バールーフ。
国産初のミッドシップスポーツカーということと内装のギミックに加え
オープン好きな俺にはたまらないT-バールーフ。
これは、絶対手に入れてやると思ったクルマ。
4人乗れない?荷物が積めない?そんなの、どうでもよかった。
これが発表された瞬間、フィアットX1/9を欲しい気持がどっかに行ってしまった。
で、市販されてから何年もたったころ実際に中古車で手に入れる事になる。
09 MR2-3
※息子撮影 S90

実際、市販されてみたら、ミッドシップは実現した。
それはこのクルマのアイデンティティだし当然の事なんだろうけど
だけどメータは全部アナログになるし、ステレオは普通の位置だし
(まぁ、冷静に考えるとSV-3のあの位置では操作性がすこぶる悪いか。)
なによりT-バールーフではない!というかなり残念な仕様だった。
後にエンジンにスーパーチャージャーが装着され
T-バールーフも装備する事になるんだけど、
当時は高くてとても手が出なかった。

しかし、走りはすこぶる元気で名機4A-GEUはよく回って面白かった。
位置が高く手首の返しだけで決まるシフトがとても気持ちが良かった。
ただ、当時はクルマの構造上できなかったのかパワステがなかった。
初めてのクルマだったので気にはならなかったけど、
それ以来、軽すぎるパワステは好きじゃない。
ミッドシップレイアウトもこのクラスのクルマとしては限界が高く
ケツを滑らそうとしてもなかなか滑ってくれず、
滑るころにはスピンばっかりで怖い思いをした。
ヘタクソなオレにはとてもドリフトのできるクルマじゃなかった。

前回、そんなことをオーナーさんと話していたら
名刺をくれた。その名刺にブログのアドレスが書いてあって、
拝見させてもらったら、このクルマ全て手作りでやってるらしい。
スゲー。どうか大切になさってください。
ってオレが言うまでもないんだろうけど。


パレード中、ふと見つけたコレ
10 TUKTUK
うおー、乗りてー。
これ、タイのタクシーだっけ?


ジャガーXJ12
11 XJ12-1
昔、ジャガー乗りの先輩に「ジャグワーと言えジャグワーと」
って怒られた事がある。

このエンブレム、欲しい。
12 XJ12-2


フェラーリ360モデナ
13 360
この、オーナーさんが凄い。
この狭い道で軽々とUターン、しかももみじマーク!
きっと、若いころからスポーツカー乗りついで来たのだろう。


シトロエン 2CVと花
14 2CV
おぉ、なんかフランス?
昔、この辺りが賑わってた頃、自転車がたくさん止まってて
ちょうどこの位置で自転車整理のアルバイトをした事がある。
当時からしたらこの状況が考えられないのだけど、
もう一回、今度はこんなクルマの似合う街にならないかな。
行政の方々お願いしますよ。我々市民も協力するからさぁ。

ここで、オートパーティも閉幕。
今年も楽しかったなぁ。
クルマを観るのはやっぱり楽しい。
来年もまた来よう。

α-7DIGITAL 17-35mm/F2.8-4 28-75mm/F2.8

« ロニー・ジェイムス・ディオ オートパーティ Vol.2 »

8 Comments

はじめまして。
先日は拙ブログにお越しくださいまして、ありがとうございました。

オートパーティのシリーズ、いいですね~
私は小学生時代にスーパーカーブームを経験しているので、
こういうイベントはたまりません。
前記事のF40、めちゃくちゃカッコイイですね~
実物は数えるほどしか見たことないんですけど、憧れますね。

↑のMR2もすごいですね!
ウルトラマンの科学特捜隊の車みたいです(笑)

ラストの2CVと花のコラボ、パリの街角みたいでオシャレですね♪

またおじゃまします!

by yamataka | 05 17, 2010 - URLedit ]

>yamatakaさん、

こんにちは、はじめまして。
コメントありがとうございます!

ブログ拝見させていただき
yamatakaさんの写真にただただ、ため息です。

オートパーティは毎年やるので行くのですが
今年は街中での開催でした。
本当は前日のヒストリックカーも観たかったのですが
スーパーカーだけでも楽しかったですよ。

F40、良いですよね。我々スーパーカー世代としては
リトラクタブルライトでなければという思いがあります。

MR2は、本当にびっくりしますよ。
オーナーさん確か、60代の方だったと思います。
外観はすべて手作りらしくて、よく見るとオーディオのパーツが使ってあったり
色々と驚きのクルマでした。

2CVはホントにいい感じでした。
腕があればもっといい雰囲気でとれたのでしょうけど。
なんか、全体的に色がコッテリしすぎな気もします。

とりとめのない日記代わりのブログですが、
お暇な時にでも覗きにきてください。

僕もそちらに、またお邪魔します。

これからもよろしくお願いします。

by naokichiman | 05 17, 2010 - URLedit ]

こんばんは!

オートパーティ完結編来ましたね。それにしてももの
すごいボリュームでございました。画像の編集するだけ
でもかなりの時間を費やしているんじゃないですか?

それにしても車にお詳しいんですねぇ。私も車は好きとは
言え、その内部のことやらなんやらはちんぷんかんぷん
なんですよね。子供と同じでその見た目のカッコよさに
目を奪われるのと、あとは運転が好きなくらいです。

しかし本当にこうしてnaokichimanさんの記事を
読みながら写真を観ていると本当にその日に私もその場所に
行ったような疑似感を覚えますよ。素晴らしい記事だと
思います。

そう言えばタイにタクシーは前日の4日の日もその辺を
人を乗せて走りまわっていましたよ。ゴルフ場のカート
みたいな大きさですね。なかなか華やかでした。

私も同じく来年も来たいですね。とても楽しかったです。

by メタラーまっちゅ | 05 17, 2010 - URLedit ]

こんばんは。

かっこいいすね、車。
正直なところ車には全然くわしくないんですけど無意識に憧れのような感情は沸き上がりますね。
せっかく免許持っているのだから運転してみたい。
事故して死にそうだけど。

by いずき | 05 17, 2010 - URLedit ]

>メタラーまっちゅさん、

こんばんは、お待ちしておりました(笑)。

画像の編集はそれほど苦にはならないんです。
最近は他のブロガーさんたちに色々教えてもらったりして
楽しい作業なのです。
ただ、写真を選ぶのが大変なんです。
アップしているのはせいぜい十数枚ですけど
撮った量は何百枚単位なんです。
ま、趣味でやっていますので使命感はありません。
楽しんでやっていますよ。

ほんとは潔く、この一枚って感じでアップするという
レベルになりたいのですが。

クルマやバイクは大好きです。
乗るのも、いじるのも、レース観戦も。
ふだんはあんまりゲームとかやらないんですけど
いい年こいて、グランツーリスモだけがやりたいがために
プレステ買っちゃったぐらいです。

いまはミニバンですが、前車はインプレッサWRXでした。
結構気に入ってて、10年は乗りましたか。
最後はクラッチトラブルで直してもよかったんですけど
他の所が壊れてまたお金がかかるかもしれないよと
ショップに脅されまして、ホントに泣く泣く手放しました。

今は子供もいるし好きなクルマに乗れないのは分かってるんで、
ガマンガマンです。息子のトミカを眺めながら
いつか、オープン2シーターなスポーツカーに乗るのを
夢見ています。

>見た目のカッコよさに 目を奪われる

ほんと、そうですよね。
納得です。これは本質をついていると思います。
エンジンがどうとか、足回りがどうとか、
それはとても大切なことなんだろうけど、
最優先されるべきはカッコいいかどうかだと僕も思いますよ。
インプレッサだって、赤いボディと黒のパーツのコントラスト
のカッコよさが決め手でしたから(笑)
ボクサーエンジンとかターボとか4WDとかなんて
後から付いてきたようなものです(爆)。

記事の件、褒めていただいてありがとうございます。
素直に嬉しいです。
好き勝手に書いちゃうんでちんぷんかんぷんなところも
多々あって、ホントすみません。

by naokichiman | 05 17, 2010 - URLedit ]

>いずきさん、

こんばんは、

いずきさん世代の若い人たちはスポーツカーとか
あまり興味が行かないのかな?

僕らの時代は、もうそれ一色でした。
学校では、クルマやバイクの雑誌があるのが当たり前で
免許を取る前からあーでもねー、こーでもねーと
免許もないのに、クルマやバイクの話ばっかりしてました。

ビーバップハイスクールな世界にイニシャルDな世界が
融合する空間とでもいいましょうか、
要約するとおバカな連中の集まりってとこです。

バイクにしろクルマにしろ、
自分が事故るとか考えないで運転していたから、
それほど怖いと思って運転したことがなかったなぁあの頃は。
とにかく、いっつも乗っていたかったので。
はたから見てると危なかっただろうと思います。

by naokichiman | 05 17, 2010 - URLedit ]

はじめまして。
落ち着いたいいデザインのウェブログだなあ、と感心しておりました。
写真も綺麗ですね。
デジタル一眼レフだとこんな感じに仕上がるのかな?

スポーツカーも大好きで、
憧れているだけなんですけど、
写真を見ていてわくわくしました!

by 只野乙山 | 05 18, 2010 - URLedit ]

>只野乙山さん、

はじめまして。
コメントいただきありがとうございます。

>落ち着いたいいデザインのウェブログだなあ

借りものですけどね、とても気に入ってます。

>写真も綺麗ですね。

ありがとうございます。
デジタル一眼レフはやはり良い写真がとれると思いますが
僕のはもう、7年前のすでに化石と化した機種なのです。
新しいのを買うにもお財布が許さないので、ずっとこれを使っています。
でも、言い訳でもなんでもなくてこのカメラはお気に入りです。
仕上がりがこうなるのはカメラの特性もあるのですが、
僕の場合わざと少し赤みがかるように仕上げていますので、
特殊といえば特殊なのかもしれません。
最近、コンパクトデジタルカメラを購入したのですが
フィルムの一眼レフからまっすぐデジタル一眼レフに移行したので、
コンパクトデジタルカメラをあまり使った事がなく、写し方に少々戸惑っています。

写真のち音楽、時々乗り物、たまに日記というなんでもありの、
どこにでもあるようなブログですが、お暇なときにでもまた覗きにきてくださいね。

これからもよろしくお願いします。

by naokichiman | 05 18, 2010 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QLOOKアクセス解析 <?php include_once("analyticstracking.php") ?>